先輩インタビュー

大松のお仕事は、<br>いい意味で<br>“意外”なことがいっぱい。 大松のお仕事は、<br>いい意味で<br>“意外”なことがいっぱい。

大松のお仕事は、
いい意味で
“意外”なことがいっぱい。

木藤 【2018年入社】

ホールスタッフ

元々、パチンコ店にはマイナスイメージを持っていた木藤さん。でも、大松と出会ってそのイメージが変わり、入社を決意!企画を任されたり、大学での経験を活かしてポップのデザインを担当したり…。1年目からさまざまな分野で楽しみながら活躍する彼女にお話を聞いてみました!

嬉しいギャップの連続です

まるで孫のように<br>可愛がってもらってます(笑)。

まるで孫のように
可愛がってもらってます(笑)。

ホールスタッフとして、日々いろんなお客様の接客をしています。なかでも私の勤務先の店舗は、おじいちゃんおばあちゃんが本当に多いんですよ。最初はちょっとしたやりとりをするくらいだったんですが、そのうち「今日そこでお祭りやってるんだよ」って地元のことを教えてくれたり。冗談を言われたり、余計なお世話を焼かれたり…(笑)。常連さんとの会話も多いし、ふれあいがいっぱい。いい意味で想像と違っていて、毎日が楽しいです。

パチンコ店ではおなじみの「景品」として、私の店舗ではスイーツも用意しているんですけど、毎回のように交換してくれる常連のおじいちゃんがいるんです。ちなみにケーキのチョイスは私の担当。「私が選んでるんですよ」って伝えたら、食べ終わった後に「美味しかったよ!」って感想を言ってくれたりします。こうゆう何気ないやりとりも、お客様との距離の近さが感じられて嬉しいですね。

怖そうなお客様が多いイメージを勝手に持っていましたが、実際は優しい人ばかりで安心してます。時には強面のお兄さんがカウンターに来ることもありますが、接客してみると全然大丈夫。それに、もし本当に困ったことがあっても「無理せず上の人を呼んで、任せればいい」と言われているので安心感があります。

まるで孫のように<br>可愛がってもらってます(笑)。
入社の決め手・きっかけは?

もともとパチンコ店には興味がなく、タバコの煙が漂ってるとか、怖そうなお兄さんたちばかりなんじゃないかとか…勝手なイメージで偏見を持ってる方でした。でも実際、店舗を見学したとき「すごく綺麗だな」と思ったんです。それから、壁に飾ってある装飾を店員さんたちがアレンジしているのを見て「あ、こういうこともできるんだ」と知り、やりがいがありそうだなと興味を持ちました。

STAFF VOICE STAFF VOICE
入社の決め手・きっかけは? 入社の決め手・きっかけは?
新人でも企画・デザインなど<br>やりたいことを任せてもらってます!

新人でも企画・デザインなど
やりたいことを任せてもらってます!

1年目からすごく色んな仕事をやらせてもらえて、びっくりしています。今担当しているのは「カウンター企画」というもの。通常の景品とは別に、月ごとの土日に用意する『特別景品』の内容を考える仕事です。そこで、私が考えたのは「テディベアの日」というイベント。実際にある記念日なのですが、その日にテディベアを景品として出したら、これが大ヒット!上司からは「もし残ったらクリスマス用に取っとけばいい」なんて言われてたんですけど…結果は大盛況に終わり、内心「やった!」と思いました。副店長も褒めてくれて、そんな上の立場の人に褒められると思っていなかったのですごく嬉しかったです。

スイーツの企画にあわせて、店内掲示用のポップをデザインしてつくったり。テーマに合わせた装飾もしています。それを見た他のスタッフから「これめっちゃ美味しそう、食べたい!」と声をかけてもらえたり、別の店舗の方にも私の作ったポップを褒めてもらえたりして、今すごくやりがいを感じています。もともとデザイン系の仕事を志望していたのもあって、ポップのデザインができるのは嬉しいし、楽しみの1つです。

他にも事務仕事や電話応対、締めの作業など、みんなと協力していろんな仕事をしています。案外デスクワークも多いんだなぁ~というのも意外でしたね。

私が結構色んなことに手を出したいタイプなので…何かやりたい仕事があった時は自分からやりたい意思を見せることを意識しています。先輩が景品を考えてる時に「こういうスイーツおすすめですよ」と声をかけたり。すると、「じゃあ木藤さんこれ考えてみる?」という感じで自然に任せてもらうこともあります。そんな風に色々なことにチャレンジしていると、毎日が本当にあっという間です。

新人でも企画・デザインなど<br>やりたいことを任せてもらってます!

後輩ができたら、次は私が助けてあげたいです

新人の頃は毎週状況報告をラインで送るんですが、一度私が悩んでストレスを抱えてしまった時があって…。それを報告したら人事の人がすぐ来て話を聞いてくれて、「そんなちょっとの事ですぐ来てくれるんだ」ってすごくびっくりしました。本当に一人一人の面倒を見てくれて、想像した以上に社員を大切にしてくれるんだと実感しました。ブラザー・シスター制度でマンツーマンで教えてくれる先輩もいて、すぐ頼れる人がいるのはとても気持ちが楽になりますね。これから私にも後輩ができますが、私が先輩からしてもらったように、困った時は助けてあげたいですし、後輩がやりたいと言ってくれたことはどんどん任せてあげたいなと思っています。