中途【契約社員】ホールスタッフ9

テキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入ります。テキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入ります。

テキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入りますテキスト入ります。

『公正な評価体制の中で能力を最大限発揮』

真の実力主義の大松では、学歴・性別や経験年数に関係なく、成績考課によって社員を公平に評価します。 頑張った分だけ、結果を出した分だけ評価するとともに、個人の適正に応じたフィールドを吟味・決定するため、 社員一人ひとりが自分の能力を最大限発揮しながら、キャリアアップを目指すことができます。 実力次第では昇進も早まり、若くして責任あるポストに抜擢されることも珍しくありません。

評価の基準

全社員を平等な目線で、成果と成果を出すためのプロセス、つまり実績と経験に主眼をおきます。前向きな姿勢で仕事に取り組む人にはチャンスを与えそのチャレンジを評価します。ですので、入社5年目にして店長に抜擢された社員もいます。もちろんチャンスは全社員に平等にあります。