社員紹介 ―Intervew

羽根 洋介
hane yosuke

あだ名:はねっち
所属:営業部 店長

ひと言どうぞ
マネジメントが最大のミッション

― 店長の仕事内容は

ひとことで言えば店舗運営全般です。お店を統括していく立場として、『ヒト』・『モノ』・『カネ』・『情報』のマネジメントを行っています。

例えば、パチンコ店の集客要素として新台入替が挙げられます。しかしながら、新台だからといって、必ず地域のお客様に好まれるわけではありません。 お客様の嗜好をリサーチ・マーケティングし、ニーズに沿った新台を提供していかなければいけません。

そして、台の配置に関してもお客様の動線を考え、それをもとに、より魅力的な店作りをしていきます。 そういった店内の至るところにお客様を楽しませる仕掛けを施していくことが私たちの仕事です。

また、店長の仕事を伝える上で『ヒト』に関することは欠かせません。 いくら新台を取り揃えても・いくら店内を華やかにしていても、そこにいるキャストが輝いていなければお客様に【楽しさ】や【感動】を伝えることはできません。 キャストに対して指導していくことはもちろん、キャストの個人的な状況も加味して接し、常に最高のパフォーマンスを出せる環境を作るのも店長の大切な仕事です。 一店舗を任される店長にとって『ヒト』のマネジメントが最大のミッションだと考えています。

― 店長になる為に努力したことは

目の前の課題をひとつずつクリアしていけば次のステップは必然的に見えてきます。店舗での仕事は、階層ごとに段階的に業務は変わっていきます。 簡単に言うと、キャストレベルでは接客業務、主任レベルでは店舗管理・事務業務と求められることが大きく変わってきます。

当然、でてくる課題・問題点に関しても傾向は異なってきます。

その中での共通点としてはPDCAサイクルをしっかりと回していき、『なぜ、そうなったか』の原因追求をしていくことが重要です。 『成功したことは次回も成功できるように、失敗したなら同じ間違いをしないように改善を行う。』 成功はもちろんですが、失敗の経験の方が私自身をより成長させてくれたと今では実感しています。 何かを改善・変更していくには多大な労力が必要ですし、気落ちしてしまうこともあります。

しかし、そこであきらめずに最後まで成し遂げる人に次のステップが与えられます。だからこそ、まずは目の前のことに集中して一歩ずつ成長していくことが重要です。

― 新入社員に求めることは

『一生懸命やれば結果はついてくる。継続は力なり。日々の努力は継続されることにより信用を生み、信用は力を生む。』これは当社の社員10則の一部です。 他にもありますが、新入社員には特にこの言葉を胸に、仕事に向かって欲しいと思います。 入社したての頃は覚えることも多く、叱咤激励されることも多々あるはずです。成果や成長を感じられず、不安を感じることや落ち込むこともあるはずです。

しかし、それを乗り越えなければ成長はありません。私をはじめ、みなさんの上司・先輩はみなさんの成長を考えています。 みなさんもそれを信じてついてきていただきたいと心から願っています。 私自身も入社間もない頃に退職を考えましたが、周りの仲間に支えられ思いとどまったことにより今の自分があると思っています。

大松は実力とやる気に応じて仕事が与えられていきます。年功序列ということはありませんので、どんどん前に出てきて欲しいです。 上司・部下関係なくお互いに刺激し合える環境が大松にはあります。上司に追いつき・追い越そうと『下克上』と言って自らを奮い立たせたこともありました。(笑) 私もみなさんの下克上をお待ちしております。