社員紹介 ―Intervew

長永 侑一郎
nagaei yuichiro

あだ名:ゆうちゃん
所属:営業部 主任

ひと言どうぞ
何もしなければ、成長もない!

― 一般社員とリーダーの違いは

キャストに模範を示すこと、そして周りが認め必要とされる人がリーダーです。

キャストとリーダーの一番大きな違いは『指導』という点です。キャストの時点でもアルバイトの方に指導はしていきますが、リーダーになれば指導が業務の中心になります。 指導を行っていく上で、『何を』言うかも大事ですが、『誰が』言うかがとても大事な要素だと考えています。 どれだけ立派なことを言っていても、それを言う人に信用がなければ相手には伝わりません。

だからこそ、私がリーダーになってから特に意識していることは、【キャストの模範になる】ということです。 キャストの目標となり私を模倣するキャストを増やしていきたいです。それができれば、指導の効果が一層あがり、ひいてはラッキープラザの力が底上げされると考えています。

今はリーダーになりたてで未熟な部分も多いですが、本当の意味でのリーダーになれるように日々がんばっていきます!!

― 入社してから成長したところは

どんな人とでもコミュニケーションをとれるようになりました。 私はもともと、人としゃべることは好きな方でしたので、就職活動では接客業を中心に活動をしていました。

しかし、パチンコ店は一度に非常に多くのお客様がいらっしゃる場所で、何百人というお客様が一日でいらっしゃいます。 その大勢のお客様は色々な方がいらっしゃって、なかには『なんて返答したらよいかわからない。』というお客様もいらっしゃいました。

後で、先輩に相談すると『その時はこう返したらいいよ』と的確にアドバイスをいただき以降は自信を持ってコミュニケーションを取ることができました。

日々の業務を通してコミュニケーションの幅が広がっていくことを実感しています。自分の得意分野だと思っていた点が、実はまだまだ伸ばせるということにも気付かされました。

― 学生にひと言

初めて社会人になるということは不安がとても大きいことだと思います。 私も入社前は『仕事できるか?』『人間関係は?』『一人暮らしは?』など不安でいっぱいでした。 実際に、仕事でも人間関係でもプライベートでも大なり小なり失敗はありました。
ただ、失敗を恐れて何もしなければ成長もありません。大松というフィールドで一緒にチャレンジしていきましょう!!